株とFXの相性は抜群

さらにFXでは、やっているそのものの時間も株式投資に有益な情報を与えてくれます。

株とFXは経済の動きと連動していることでは共通していますからね。

むしろFXをすることで、経済の勉強範囲を世界にまで幅を広げてくれます。

日本企業は、もはや貿易なしでは成り立ちません。
円高・円安の影響が日経平均株価にも直(チョク)で響いてきますからね。

そういうグローバルな経済情勢まで把握するためには、FXをしていた方が注目が高まります。

私の場合はFXを始めたことで、確実に株式投資の調子は良くなりました!

さらにFXと並行することは、株取引を冷静な状態でおこなうことができます。
つまり感情に任せた取引をしなくなります。
これはFXがハイリスク・ハイリターンの金融商品だからです。

FXをしていない状態で株式投資をした場合、比較するものはどうしても「銀行預金」になってしまいます。
銀行預金はローリスク・ローリターンの代表格。
少なくとも日本では、タンス預金同然です。


そんな銀行預金と比較すれば、株式投資は遙かにリスクの高い金融商品にみえてしまいます。
だから適切なタイミングで、適切な判断・行動ができなくなります。

「株で全財産を失ったらどうしよう」と躊躇してしまうんですよね。
実際には投資した額以上の資産を失うことなんて無いのにも関わらず…。
しかし比べるものがFXになると、話は違います。
FXのハイリスク・ハイリターンを経験すると、リスクの取り方を学ぶことが出来ます。

リターンを得るために、犠牲になってもいいリスクの範囲がわかってくるんですよね。
だから株での注文に迷いがでなくなります。

リスクというのは、大きければそれだけ注文も慎重にやらなければなりません。
1つの判断が損失になるか、利益になるかを大きく左右しますからね。
また損益の大きさもリスクが高ければ、開きが大きくなります。

人間というのは順応性がある生き物です。
リスクに慣れてくれば、恐怖心も薄れてきます。
慣れ過ぎると甘えがでて返って悪影響がでるので、あの辺りは注意が必要です。
しかし今まで恐れていたことに積極的に取り組むのは歓迎すべきことです。

FXと株式投資の組み合わせは、勉強だけでなく、取引を実行に移す上でも有益です。

fxをやるには市場の動きを勉強すべき

 

Filed under: FX — 0:04:00